山村留学のシステム

山村留学の4つの方式

山村留学は、子ども達が生活をするスタイルによって、4つの方式に分かれています。
※学校は地域の公立学校に通学します

学園方式
月の半分を寮で生活し、残りの半分は地域の家庭にホームステイをする方式
寮での集団生活やさまざまな野外活動体験と、ホームステイによる地域文化体験の両方を得ることができます。

ホームステイ方式
年間を通じて、地域にホームステイをする方式
地域の心温まる家庭に入り、本物の地域の生活を送ることができます。

寮方式
年間を通じて、山村留学センターなどの寮で生活をする方式
寮では専門の指導者が常駐している場合が多く、集団生活のほかに、休日を利用したさまざまな体験活動が組まれています。

家族方式
家族で転居し、地域で生活をする方式

この他、多くのみなさんが関わりながら、留学生の1年を支えています

学校
義務教育期間のため、子どもたちは住民票を現地に移し、地元学校に転校という形で通学します。
ほとんどが小規模校で、1学年1クラスのことが多く、きめ細やかな指導がされています。
また、地域の特色を生かした体験学習も豊富です。
教職員は、学校生活のみならず、山村留学活動においても、さまざまなサポートをしています。

地域住民
山村留学を実施する地域の皆さん。
行政や学校教職員、PTAなど、地域を代表する皆さんが集まり、山村留学全体の推進に関わっている地域がほとんどです。

山村留学とは

PAGETOP