POWERED BY
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
最新情報
    !各山村留学地の内容詳細、募集状況、途中入園の可否、資料請求等については、
      実施団体に直接お問い合わせ下さい。
チューリップ子どもたちへチューリップ
「山村留学したい!」という気持ち 

子ども達は新しい学校生活や初めて会う人との生活に不安を感じるでしょう。
小中学生という年齢を考えればこれは当たり前のことです。
しかし、その気持ちの中に少しでも「やってみたい」という思いがあれば、山村留学の生活を楽しむ原動力になります。
「親に勧められたから」「ただなんとなく」というのではなく、しっかりと目的をもって山村留学にチャレンジすることがとても大切なことなのです。

 もう一度考えてみましょう!

音符あなたは今、山村留学に行きたいと思っていますか?
音符あなたが山村留学に行くのは、何が目的ですか?



花保護者の方へ花
保護者の理解と協力 

<保護者の方が山村留学の主旨をしっかりと理解するとともに、山村留学に行かせる目的と合致した留学地を選ぶことも、お子さんの山村留学を成功へと導くために必要不可欠なことです。
また、留学中も現地と様々な交流をして協力することは、子どもの心の安定にも繋がりますし、保護者のみなさんにも豊かな体験を提供してくれるはずです。
山村留学は子どもだけのためではなく、家族全体の活動とも言えるのです。

※山村留学は、集団生活や自然体験等の体験の積み重ねを目的とした教育制度です。
カウンセラーや養護福祉関係の専門スタッフが常駐しているわけではないため、養護や療育、更生などに重きをおいた受け入れはおこなっておりません。
また、集団生活を円滑におくれる必要があることから、コミュニケーションや精神面でケアの必要なお子様もご参加いただけない場合があります。

 もう一度考えてみましょう!

音符自分の目的と、山村留学地の体験内容や運営方針は合致していますか?
音符子どもが成長する上で、自然と触れ合うことは大切と思いますか?
音符集団生活を通して他人と生活することは、子どもの自立を促すと思いますか?
音符受入家庭や学校教職員、指導員と話をして、信頼できると思いましたか?

右ガイドラインブック
右チェックリスト