POWERED BY
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
最新情報
    !各山村留学地の内容詳細、募集状況、途中入園の可否、資料請求等については、
      実施団体に直接お問い合わせ下さい。
太陽山村留学の成り立ち

 山村留学は、昭和51年に長野県八坂村(現 大町市八坂)において、公益財団法人育てる会の教育実践活動として、日本で初めてシステム化された教育活動です。
 育てる会では、昭和43年より、春夏冬休みを利用した自然体験活動を実施していました。
 そうした活動を続ける中で、幾人かの保護者の方から、「1年間地元に住んで、学校に通いながら、自然豊かな環境の中で、四季を通した様々な体験をさせてみたい」という相談を受けました。
 実現には様々なハードルがありましたが、その主旨に賛同した地元の方々や学校教職員、行政のみなさんと試行錯誤をしながら作り上げたのが、一年間の山村留学だったのです。

 その後、山村留学が及ぼす様々な効果が現れてきました。
 参加した子ども達の心身の成長だけでなく、地元の子ども達にも、教室が活気づくなど、よい効果が現れました。
 また、地元にとっても、学校活性化や地域の活力アップ、保護者同士の地域を越えた交流、地域の自然の見直しなど、様々な良い点が出てきたのです。

 八坂村には多くの市町村が視察に訪れるようになり、実施団体が増えるにつれて、多くの子ども達が参加するようになりました。
 こうして、山村留学は全国に広まっていったのです。