POWERED BY
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
最新情報
    !各山村留学地の内容詳細、募集状況、途中入園の可否、資料請求等については、
      実施団体に直接お問い合わせ下さい。
太陽 まずは現地に行って、実際の生活や自然環境、地域の方や学校の先生、指導員と良く話をすることが大切です。

 一年間山村留学をするためには、
子ども達の決意と保護者の信頼と協力が不可欠
 です。
 そのため、どの留学地でも、事前の体験留学や見学を推奨しています。
 現地に行くことで、子ども達は留学生活を連想し、決意へと結びつけるでしょうし、保護者の皆さんも安心感を得ることが出来ます。

 いくつかの留学地では、夏休みなどの短期山村留学(サマーキャンプなど)を実施しており、そうした機会に参加することも、山村留学を理解する方法の一つです。


【留学を決めるまで】 
 下記は、留学するまでのプロセス例です。それぞれのお子さんや受入団体によって違いますが、
一番大切なのは、「行ってみたい」「やってみたい」という子ども達のやる気です。
 小さいお子さんの場合は、保護者の方が子どものやる気を前向きに作ってあげることが必要です。
 やるき気を持って留学できた子は、留学後の生活も嬉々として送ることが出来るのです。



※各団体によって募集方法・時期等は異なります。詳しくは各団体へお問い合わせ下さい。